切れないハンドル

お酒と結婚したいアラサー女は今日もまっすぐ歩けない

カテゴリに合ったブログを

電車を待つためにホームに立っていたら後ろに男女と思わしき2人組が並んだわけで、どうやら男性が女性に恋愛相談をしているのですが、聞いたところによると男性が彼自身の彼女について女性に意見を求めている。

「そういえば俺の彼女がどっか向いてばっかりな話したっけ?」と男性が女性に聞くと女性は「ううん」と。私は(どっか向いてばっかりってなにそれ超意味不明)と思っていた。
なにしろ彼らは私の背後にいるので正確な仕草はわからないけれど、どうやら男性がスマホかなにかで彼女の写真を見せ「こんな感じでいつも一緒にいてもどこかを眺めててさ」と。相手の女性は「ほぇあー…そうなんだぁ…」と何かを濁すような返事。続けて男性は「それでこちらが何か話しかけても、えっ?とか言って全然聞いてないんだよね。いつもそう。」と。また相手の女性は「そうなんだぁー…うーん…」と濁す。私は(それあんたといてもつまんないんじゃないの、それって所謂ウワノソラってやつですよおにーさん)と心の中で彼を批判していた。
想像してみてほしい、話がつまらん相手と渋々飲食店かなにかで対面している上に目を離した隙に勝手にスマホか何かで写真を撮られ、更にそれを赤の他人に自分が知らない内に見せられ「どーおもう?」なんて言われていたら。私ならフツーにチョームカツクんですけどぉ?facebookにそいつの所業を事細かに書き連ねタグ付けした上で全体公開するレベルですけどぉ?

更にその男はすごぉくもったいぶった口振りで続ける。
男「ひとつ聞きたいことがあったんだけどぉ…」
女「なに?」
私(いいから早く言えや)
男「俺が彼女に、来週の日曜日に仕事が休みになったってメールするとさ、彼女が、じゃあ会える?ってメールしてくんの。それって普通?」
女「え?」
私(え?)
女「え?なにがだめなの?」
私(え?どこがだめなの?)
男「えー、ふーん、別にいいんだけどさ、そっか、ふーん」
女性「えっ?」
私(えっ?意味わからなすぎてイラつく)

クエスチョンマークが相手の女性と私のものを合わせて100個は超えそうなあたりで男性が説明を始めた。
彼の言い分を要約すると、こちらとしては会うつもりだから休みになったと伝えているわけなのに、会える?と確認されるのはおかしいのではないか、と。

それに対する女性の反論は、相手が休日を報告してきたからと言って、そもそも休日に必ず会えるものだとは思わないし、お互いにそれぞれの生活や交流などがあるわけだし、休日 but 何か予定がある、という可能性は充分に考えられるので自分ならアポイントメントを取るよ、というもので、私はこの女性に全面的に同意した。

ここで電車が来たのでそれに乗り込み、彼らとは少し離れたので詳細な会話は聞こえなくなってしまったのだけど、しばらくして例の女性の方が「てことは彼女に………るんでしょ?」というような事を言っているのが聞こえたのでまた耳を傾けると、更に女性が「それってダメだよ!」と軽く注意していたのだけど、それに対して例の意味不明男が「でしょでしょ!」と。「だめだよ!」「でしょ!」「それはだめだよぉー!」「でしょでしょっ!」
アホか?でしょ!って。アホか?
でしょでしょ!ってのはだねぇ「おっ、車を新しくしたんだね!カックイー!」と言われた時や、「やっぱりお宅の奥さんの料理は天下一品だねぇ」など何かポジティブな事を言われたときに発するリアクションであって、てめぇはだめだと言われたときにドヤ顔で言うことではない。ほんとこいつおかしいんじゃないの。だめっつーのはしてはいけないことであって、禁止されていることであるのに、なんだよ、でしょって。あほか。このダメ男が。
と、ダメな私がダメな男を静かに見下すという滑稽な図ができあがったのでござんした。おわり。

飽きてた

お久しぶりでございます。
タイトルどおりブログに飽きておりました。
とにかく何かを継続するのができない性分でございます。
こんな生産性のないものを継続する必要もないと思いますけども。

今日はふと理由もなく、いっちょブログでも書いてみっか!という気分になったのでポチポチとカフェのWiFiを使ってブログを綴っておるのですけども。
単に「気分」です。

思えば気分だけで生きてきたように思います。
先日、同級生とサシ飲みしているときに昔話なんかに花が咲いたわけですけども、その際に相手に「私は、今もそうだけれども、常に今の自分を真っ当な人物だと思って生活しており、しかしながらふと過去を振り返ると真っ当だった時なんて1日たりともなかったようにも思える」という旨を伝えたところ、
「え?今更何言っちゃってんの、あんたは少なくとも小学生の頃からずっと頭がおかしかったよ」と言われまして、ほほうそうか、そうくるか、なるほど私は世間から見たらずっと頭がおかしい、もしくは少なくとも真っ当ではない人生を歩んできたわけか、ははーんそうか、そうだったのか、となんだか新たな自分を発見したような気分になりまして、こうなったらもういいや、開き直って頭おかしい系女子として快活に生きてゆこうと決めたわけでございます。

わはは!
開き直り記念に花でも買って帰ろうと思ったけど家に花瓶がなかった!わっはっはー!

ツイッターはじめました

でも使い方がほとんどわからない。

そして今日はもう飲んでいます。
夜から飲み会があるらしい。

こんなのこそツイッターに書けよ!ってね〜


おわり!